知っておきたいトランクルームの料金相場

多くの荷物を保有している方にとって、その荷物を保管しておく場所を確保することは必要不可欠で、それを実現するのがトランクルームの役割です。以前は保管場所といえば、大きな施設である倉庫などの場所が該当しましましたが、近年はコンパクトタイプのルームとして、ビルや屋外など様々な場所に存在します。またネットの普及と共に専用の紹介サイトも拡充しており、借りやすいルームになったのは言うまでもありません。特に需要が多いのは都心部で、狭い自宅では収納しきれない保管場所を確保する必要に迫られて、それを利用されるシーンも増えています。趣味の物を保管したり、副業による商品を保管したりと様々な方法で利用されており、ルーム自体の借りる料金も月額数千円から数万円まで様々な相場を形成しています。

料金相場を探る手っ取り早い方法とは

トランクルームを借りる上では料金相場を形成しているのは確かですが、一番簡単に料金の高い安いの相場を解る方法としては賃貸物件を借りるとどうかで当てはめてみることです。つまり賃貸物件を借りるのと似て非なるものですので賃貸料が高い地域であれば、そのトランクを借りる上でも高くなるという傾向が見られます。そのため賃貸物件が高い都心部で借りるよりも、賃貸物件が安い郊外で借りた方が割安で借りることができます。他に借りるスペースに比例して料金も高くなる傾向がありますので、スペースが広くなればなるほど料金も高くなります。またタイプも存在し、屋内コンテナ、屋外設置型、ビルインタイプなど種類があり、中でもビル員タイプは料金も割高になります。ビルインタイプの場合は空調や防犯設備などを兼ね備えているからで、設備が充実している分だけ高い相場となることも多いです。

使う目的に応じても相場が違うため目的から絞り込む

トランクルームには屋内コンテナ、屋外設置型、ビルインタイプなどの形態が存在しますが、それぞれにはメリットやデメリット面が存在するため、利用目的に応じて選択することが重要です。なお屋外設置型が一番、料金相場が安いとされ、月額で借りる上でのコストを抑制したい場合には適しています。相場についても数千円から1万円までの価格帯になることも多く、湿度や気温の影響を受けても保管場所だけ確保できていれば良いとするならこれで十分です。一方、屋内コンテナタイプは主に倉庫内でコンテナを積み上げた形での保管体制が主流となり、荷物の引き出しには手続きを必要とするケースも多いです。相場も屋外設置型よりも高くなりますが、ある程度の広さを持っています。ビルインタイプは24時間荷物を引き出せるタイプになっており、防犯体制も存在するため、重要な物を保管する上でも役立ちます。1万円を切るタイプも存在しますが少なく、ほとんどが1万円から3万円が相場の範囲となります。