トランクルームについて詳しくなれるサイト

トランクルームの上手な利用法とは

家の中の収納スペースには限度があり、どうしてもしまうことができないものを収納する場所のひとつとして、トランクルームがあげられます。近年では利用する人も増え、用途によって様々なタイプがあります。ひとつめはマンションタイプで、マンションやビルなどを改良して作られたものです。ロッカー感覚で使うことができ、常駐の管理人がいるのが特徴の一つと言えます。屋外に設置されたコンテナタイプは、スペースに余裕があることや料金の安さが魅力です。そして倉庫タイプです。これは大きな倉庫を仕切って保管するタイプです。このように様々な種類があるので、自分が保管したいものに合わせて選ぶとよいでしょう。それでは保管するものにはどのようなものがあげられるのでしょうか。

使い方は多種多様で、いろいろな活用例があります

トランクルームに保管したいものは、人によって異なるでしょう。例えば大量の本やCD、DVDなどを保管したいという人もいれば、クローゼットの代わりとしてたくさんの洋服を保管したいという人もいます。保管する前に、どのようなものを保管するのかを明確にして、探す必要があります。冬用の車のタイヤやアウトドア用品、スーツケースなどの場合であれば、屋外に設置してあるところでも大丈夫でしょう。屋外に設置してある場合には、夏場は室内が50度以上になることもあるので、家電製品や楽器などを保管すると故障にもつながります。ピアノなどの楽器の場合には、温度調節の設備がついているところを探す必要があるでしょう。そして趣味のコレクションなどの保管に利用したり、使わなくなったベビー用品を保管しておくのも便利に利用できます。

収納サイズに合わせた活用例とは

保管するものに合わせて収納するトランクルームのサイズを選ぶことは利用料の節約にもつながります。もしも本やCD、DVDを保管したいのであれば、ロッカーサイズがおすすめです。高さが1メートルほどのものがほとんどなので、大きなものや長いものを保管する場所としては向いていませんが、小さな小物などを保管するのに最適であるといえます。次に0.5畳から0.8畳サイズです。このサイズは高さが2メートルほどになるものが多いので、スキー用品、サーフボードなどのやや高さを必要とするものでも保管することができます。収納の仕方を工夫することで、たくさんのものを収納することができるでしょう。1畳から1.6畳にもなると、家族全員分の布団や季節の電化製品なども保管することができます。中にラックなどを設置することで、さらに使いやすくなるでしょう。そして最大で4畳サイズのものもあります。引っ越しや出張などで、荷物を一時的に保管する場合にもおすすめです。

安心してご利用して頂くためにセキュリティに関して詳しく掲載中。 お近くのエリアや住所からお好みのコンテナを検索可能! マップから直接気になる物件をワンクリックで選ぶことが可能です。 お見積りや予約については記載の電話番号からお問い合わせください。 コストカットで節約にもなる!倉庫のうまい使い方の役立つ情報を多数紹介!空き待ち予約登録の方法をわかりやすく掲載しています。 川崎のマリンボックスでトランクルームを借りよう!